開陽亭

京都・先斗町の老舗洋食店。ランチ、ディナー、夏は川床をご用意。
阪急河原町駅、京阪四条駅すぐ。

ご予約・お問い合わせはこちらから

こだわり

「当たり前のことをあたり前に」

食材にこだわる。味にこだわる。作る工程にこだわる。あたり前のことをあたり前にできる、それが洋食屋としての開陽亭のこだわり。

開陽亭の6つの“基本”

  • ドュミグラスソース
    鳥ガラ、牛筋、香味野菜を香ばしく炒め、トマト、ブラウンルーとともに10日間以上煮込み、何度も裏ごしをして鏡の様な艶と究極の味を表現しています。これが当店に代々伝わる手法の、伝統的な“ドゥミグラ”です。
  • ブイヨン
    丸鶏、鳥ガラ、牛筋、香味野菜とともにじっくりと煮出します。素材の旨みを充分に引き出し、ソースやスープの基本となる・・・大切な仕事です。
  • コンソメスープ
    ブイヨンに牛スネ肉のミンチで丁寧に澄ました、いわゆるダブルコンソメです。澄みきった琥珀色と味・香りは、まさに美人さんでCす。
  • ポタージュスープ
    香味野菜をバターでじっくり炒め、鳥ガラ、ブイヨンとともに煮込み布ごしします。牛乳と生クリームで仕上げた、昔ながらのシンプルで滋味に富んだスープです。香味野菜をバターでじっくり炒め、鳥ガラ、ブイヨンとともに煮込み布ごしします。牛乳と生クリームで仕上げた、昔ながらのシンプルで滋味に富んだスープです。
  • ペシャメルソース
    上質なバターと小麦粉で作ったホワイトルーと、牛乳をコトコト煮込み、キメの細かいサラシで布ごしします。コキールやコロッケのベースです。なめらかな舌ざわりをご堪能ください。
  • マヨネーズ
    新鮮で良質な卵の黄身とキャノーラ油を使用し、濃厚な色とコクは手作りならではの美味しさです。タルタルソースやドレッシングの素になる、クリーミーで贅沢な味わいは冷製ソースの基本です。

国産の安全で確かな品質を激戦し、敬愛の念を込めてそれぞれの素材と向き合っています。